広島県産の原材料を使った焼酎です。

地元を支え、地元に支えられながら続いています。

本格芋焼酎 達磨 黒麹仕込み(紅あずま)

フルーティーな香りとまろやかな味わい、そして独特のすっきり感を持つ芋焼酎です

商品名:
本格芋焼酎 達磨 黒麹仕込み(紅あずま)
内容量:
1800ml・900ml・720ml
原材料名:
芋(広島県産紅あずま)・米麹
種類:
焼酎乙類
アルコール分:
25度

本格麦焼酎 達磨 黒麹仕込み(六条大麦)

減圧蒸留により、華やかな香りとフルーティーな味わいの麦焼酎に仕上げました。

商品名:
本格麦焼酎 達磨 黒麹仕込み(六条大麦)
内容量:
1800ml・900ml・720ml
原材料名:
麦(広島県産六条大麦)・麦麹
種類:
焼酎乙類
アルコール分:
25度
 

ダルマ焼酎 25度 レトロラベル

わさびの里の名水を利用した、まろやか重視タイプの甲類焼酎です。

商品名:
ダルマ焼酎 レトロラベル
内容量:
1800ml・600ml
原材料名:
さとうきび糖蜜
種類:
焼酎甲類
アルコール分:
25度
 

本格焼酎の製造責任者:山本泰平

甲類焼酎に関しては100年近い歴史のある中国醸造ですが
本格焼酎としては全国的には後発でした。

意識したのは焼酎の本場、九州です。
とはいえ真似をしようと思ったわけではなく、
九州の焼酎とは違う美味さを追求しました。

芋焼酎

原材料には広島県産のさつまいも「紅あずま」を使用しています。

九州ではさつまいも「黄金千貫」を使うことが多いようですが
芋焼酎らしい独特の香りがでるものでした。
その香りを好まれる方もいますが、好き嫌いの分かれるところだと思います。

それよりも、甘みのあるすっきりとした味わいを目指して
あらゆるサツマイモで試作を行いました。
その中で目指す味を出せたのが「紅あずま」でした。

紅あずま

当時「紅あずま」は広島では生産されていませんでした。
弊社では広島県産にこだわっていたため、
県内で生産してくれる方を探したのですがかなり難航しました。

苦心の末、JA庄原さんにご協力いただけることになり
焼酎用として紅あずまを生産していただけるようになったことで
安定して焼酎を作ることができるようになりました。

現在では庄原の他にも豊平、戸河内、江田島、廿日市でも
生産をしていただいています。

紅あずまは食べても美味しく、甘みがあるため焼き芋にもよく使われます。
スーパーでも販売されているので、焼き芋で食べてみてください。

麦焼酎

芋焼酎がご好評をいただいたこともあり
次に手がけたのが麦焼酎でした。

広島県世羅の「六条大麦」を使用しています。

麦焼酎は「二条大麦」という品種を使うのが一般的なのですが
広島県内の農家の方に依頼して生産を試していただいたものの
寒さに弱く、広島の山間部では生産が難しいことがわかりました。

そこで、広島県内で生産している「六条大麦」での製造を検討することになりました。
世羅町で品質の高い麦を生産されていることがわかり
その麦を使って焼酎を作ることになりました。

二条大麦での麦焼酎と比べ、香ばしい香りで
すっきりとした味わいに仕上がっています。

県内産へのこだわり

芋焼酎の原材料「紅あずま」も元々広島では普及していませんでしたし
麦焼酎で一般的な「二条大麦」も広島県では育ちませんでした。
にもかかわらず、広島県産にこだわったことには理由があります。

それは、「達磨焼酎」というブランドのそもそものコンセプトにあります。

達磨焼酎は元々、広島県内の農家さんや酒屋さんを
支えていくために作られたブランドでした。

生産者である一次産業の方々や、
造ったお酒を販売してくださる酒屋さんがあってこそ酒造会社は成り立ちます。
そのため、そこは絶対に外せないものでした。

地元の材料を使った酒を地元の皆さんに楽しんでもらう。
そういうことを続けてきたからこそ
約100年も会社が続いているんだと思います。

そこは、これからも変わらないこだわりであり続けるはずです。

ザ・広島ブランド

広島にこだわった焼酎造りは
広島市が運営する「ザ・広島ブランド」にも認定されました。

認定されたのは「本格芋焼酎達磨 紅あずま25度」です。

達磨 紅あずま25度 | ザ・広島ブランド

広島の特産品として喜んで飲んでいただけるよう
美味しい焼酎を造り続けます。