レモンロックス 広島市のバーが作る、オリジナルカクテル「アジアンジンジャーモヒート」

中国醸造のお酒、「レモンロックス」を使って
バーテンダーさんに素敵なカクテルを作っていただきました。

「レモンロックス」は高めのアルコールと濃厚なレモンの香味があるお酒です。
カクテルベースとしても多彩な飲み方のアレンジメントが可能です。

今回カクテルを作っていただくのは
広島市流川にある
GREEN LABのバーテンダー、江角さんです。

ベースにするのはレモンロックス。
バーテンダー江角さんが使う材料は、
ジンジャー、パクチー、ミント、ジンジャーシロップ(自家製)、レモン果汁、シロップ、レモンロックス、種子島産の砂糖、アンゴスチュラビターズ、です。

レモンロックスは色んな食材と合わせやすいリキュールだと思うので
柑橘系の果物はもちろん、パクチー、ローズマリー、ミントなどの香草と合わせても
喧嘩することのなく美味しく仕上がると考えました。

自分自身がアジア料理が好きなこともあり、
今回はパクチーとジンジャーというアジアの食材を使って作ってみました。

とのことで、作っていただきました。

ミントとパクチーを1:1の割合でグラスに入れて、レモン果汁15ml、シロップ適量、レモンロックス30ml、ジンジャーシロップ(自家製)を加える。

破砕

氷を入れて、ミックス。

もう1度氷を入れて、炭酸水を加える。

再度ミックス。

ジンジャー、パクチーで飾ります。

種子島産の砂糖、アンゴスチュラビターズを入れます。

花とミントで飾ります。

出来上がりました。

東南アジア風のアジアンジンジャーモヒートを作っていただきました。

江角さん、どうもありがとうございました。

「制作協力」
GREEN LAB
住所:広島県広島市中区 堀川町2-12 再会ビル2階
電話:082-541-1260
Facebook:GREEN LAB mojito bar

  • このエントリーをはてなブックマークに追加